自分に合った返済方法を見つけるために

はじめは簡単に返済できると思っていたのに、いつのまにか借金が手に負えないほどに膨らんでしまった、という経験をしている方が少なくないようです。
借金を返済するためにお金を工面すること自体が大変ですが、それ以上に精神的負担は相当なものになります。

 

特に、すでに複数社から借金をしていて、完成の目処が全く立たない場合には大きなストレスになります。

 

このような場合、ひとりで問題を抱え込んでいても問題は解決できません。
大切なのは、専門家に相談して冷静な判断を求めることです。

 

自分では、もうどうしようもないと消極的な気持ちになっているかもしれません。
でも、専門家に相談することで、今まで知らなかった方法で借金の負担を減らすことができるかもしれません。

 

また、誰かに話すことでストレスを軽減できます。

 

近年では、インターネットで債務に関する相談を受け付けているところがあります
賢い借金返済方法を教えてくれるファイナンシャルプランナーもいるようなので、ぜひ相談してみましょう。

 

借金を返済する方法はひとつではありません。
専門家に相談して、自分に一番合った返済方法を見つければ完済への道が開けることでしょう

 

第三者に相談することに加えて、自分の出費を見直すことも大切です。
何にお金を使ったのか書き出してみると、意外と無駄な出費が多いことに気付くかもしれません。

 

そうした無駄を省くことで、お金を少しでも借金返済に回すことができます。
贅沢は借金を完済した後に、と心に決めて、まずは借金返済に集中しましょう。
詳細は…簡単わかりやすい!借金返済の方法|法律の専門家に無料相談できる

 

おまとめローンで負担軽減

多重債務で苦しんでいる方の負担が大きい理由は、金銭的なことだけではありません。
金融業者によって返済日が異なるので、いつも借金返済のことを考えていなければなりません。

 

また、複数の借金があると、いつになったら完済できるのかの目処が立ちにくくなります。

 

このような状態を脱出するひとつの方法は、おまとめローンを利用することです。
おまとめローンとはその名の通り、複数ある借金をひとつにまとめることです。

 

借入先を一箇所にまとめることで、借金の管理がしやすくなります。
さらに、自分の借入の総額が把握しやすくなるので、具体的な計画を立てやすくなるでしょう。

 

おまとめローンを利用するためには、もう一度審査を受ける必要があります。
借金の借り換えをスムーズに行えるかどうか不安になるかもしれません。

 

しかし、おまとめローン用のプランを用意している業者が少なくないので心配いりません。
定職についていて、滞納の履歴がなければ基本的には審査をパスできると考えられます。

 

おまとめローンを利用することで管理が楽になり、具体的な返済計画が立てやすくなるというメリットがあります。
また、うまくいけば利息負担を減らせるかもしれません。

 

なぜなら、借入金額が多いほど金利が低くなるからです。
複数ある借金に苦しんでいるなら、借金を一つにまとめることで負担を軽減できるかもしれません。

 

債務整理について知っておきたいこと

借金が自分の手に負えなくなったとき、専門家に相談して債務整理をすることもできます。
債務整理の手続きをすることで、借金の額を減らして重い金利負担から解放されることが期待できます。

 

債務整理には、過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生の4種類があります。

個人によって最善の方法が異なるので、まずは専門家に相談してみましょう。

 

コマーシャルなどでよく耳にする「過払い金返還請求」とは、利息制限法で定められている上限金利を越える高金利を請求されていた場合に、払いすぎた利息を返還してもらうというものです。

 

この手続きは、司法書士や弁護士が裁判所を通さずに直接貸付業者と交渉するため、債務者の負担が軽く、周囲に知られることなく手続きができるというメリットがあります。
ただし、過払い金返還請求をすると、その業者からは二度とお金を借りることができないかもしれない、ということを覚えておきましょう。

 

弁護士に債務整理をお願いしたいけど、そのための費用が用意できない…と心配している方もいることでしょう。
弁護士によっては、発生する費用は過払い金請求が成功した時に、その中から支払うという方法を取っていることもあるようです。

 

ですから、まずは相談してみましょう。

 

大切なのはメンタルの強さ

長引く借金に苦しんでいると、もうダメだ!とあきらめたくなるかもしれません。
でも、先に述べたように借金を軽減する方法はいくつかあります。

 

相談に乗ってくれる窓口もあります。
ですから、まずは何かしらの行動を取り、あきらめないことが大切です。

 

あの時借金をしなければ……と後悔する気持ちになった時は、この教訓を次に生かせばいい!という気持ちに切り替えて、メンタルを強く保ちましょう。

 

借金を返済している期間は、生活を切り詰める必要があります。
でも、ストレスから本当に必要ではないもののためにお金を使っている人もいるようです。

 

また、安いからといってたくさん買うのも、逆に浪費になっているかもしれません。
借金がある今の時期を、家計のやりくりが上手になるチャンスと考えて、上手に節約しましょう。

 

これからしばらく借金を返済し続けなければいけないとしても、永遠に続くわけではありません
毎月我慢して返済を続ければ、確実に借金が減っていきます。

 

借金を完済すれば自分の好きなことができる、という前向きな気持ちを持って、頑張っていきましょう。